米司法当局は8日、中西部ミシガン州の女性知事グレッチェン・ウィットマー氏(49=民主党)の拉致を共謀して企てた容疑で、男6人を逮捕したと発表した。州政府の転覆を狙って爆発物などの準備も進め、11月3日の大統領選前に計画を実行しようとしていたとしている。ミシガン州は民主、共和両党の勢力が拮抗(きっこう)。ウィットマー氏は民主党のホープとして一時、副大統領候補にも名前が挙がった。トランプ氏は3月にウィットマー氏を「あの女」呼ばわりして敵視していた。(共同)