加藤勝信官房長官は12日の記者会見で、日本学術会議の会員候補の任命拒否を巡り、菅義偉首相が学術会議側から政府に提出された105人の推薦名簿を詳しく見ずに、99人を任命する決裁をしたと説明した。6人の任命拒否の違法性を問われると「適法に行われたと承知している」と反論した。

任命手続きの不透明さが浮き彫りになった形で、野党は任命拒否の理由とともに政府に明確な説明を求めるとみられる。

首相は9日の内閣記者会のインタビューで「推薦段階の名簿は見ていない」と言及した。加藤氏は「推薦名簿は参考資料として添付されているが、参考資料までは詳しく見ていなかったということだ」と説明した。

内部の決定過程に関し「99人を任命することについては内閣府の起案から首相による最終決裁まで一貫していた」と強調。首相決裁の前に、今回の任命に関する考え方を首相には説明していたと述べた。

任命拒否を巡り、学術会議の大西隆元会長は「選考基準と違う基準を適用し、拒否したとすれば日本学術会議法違反になる」と批判。加藤氏は、学術会議が推薦した候補の中から選んだと主張し、違法性を否定した。(共同)