神戸市中央区のベーカリーカフェ「ココシカ」で今年2月と5月、飼い犬のゴールデンレトリバーが客にかみつき、女性2人にけがをさせたとして、兵庫県警生田署は16日、業務上過失傷害と動物愛護法違反の疑いで経営者の田尾知子容疑者(42)と従業員で夫の達也容疑者(49=いずれも同市中央区)を逮捕した。

生田署によると、犬は5歳の雌「クー子」で、体長は約90センチ。おりに入れたり、リードを付けたりせず店内で放し飼い状態にされていた。店内で動物の展示などをする際に必要な神戸市長の登録も受けていなかった。

今年2月24日、女性客(49)が右手をかまれて1週間のけがを負い、5月28日にも別の女性客(37)が左の甲などに2週間のけがを負った。神戸市保健所も危険な飼い方を把握し、2月以降3回警告したが、改善されていなかった。

逮捕容疑は、人に危害を加えないようにつなぐなどの義務を怠ってゴールデンレトリバーを店内で放し飼いにし、2人にけがを負わせるなどした疑い。

業務上過失傷害容疑について2人は容疑を認めている。知子容疑者は、2月に客をかんで以降は古い客にのみ犬を会わせていたと話している。(共同)