菅義偉首相は17日、東京・九段北の靖国神社で始まった秋季例大祭に合わせて「内閣総理大臣 菅義偉」名で「真榊(まさかき)」と呼ばれる供物を奉納した。18日までの例大祭中の参拝は見送る方針。大島理森衆院議長、田村憲久厚生労働相、井上信治万博相も真榊を奉納した。

関係者によると、菅首相は官房長官当時には真榊を奉納していなかったが、安倍晋三前首相の対応を参考に奉納することにしたという。

靖国神社にとって、4月と10月の例大祭は最も重要な祭事とされる。今年は新型コロナウイルス感染防止のため、例大祭の期間を例年の3日間から2日間に短縮した。

超党派の議員連盟「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」(会長・尾辻秀久元参院副議長)は、春の例大祭と8月15日の終戦の日に続いて一斉参拝を見送る。(共同)