きれいな「映える」写真撮影のため名古屋市西区の11階建てマンションの屋上に無断で侵入したとして、愛知県警西署が住居侵入の疑いで、県内の男女の美容専門学校生2人=いずれも(19)=を書類送検していたことが17日、分かった。

2人は自分たちの就職活動用の資料にする目的で、女子大学生をモデルに撮影していたという。屋上からは名古屋駅方面のビル群が見え、写真映えする場所を選んだとみられる。マンションにオートロックはなかった。

書類送検容疑は8月20日昼ごろ、名古屋市西区のマンションに無許可で侵入した疑い。同署によると、2人は立ち入り禁止と分かった上で「撮影だけなら許可は要らないと思った」と供述しているという。

このマンションでは8月上旬にも、石川県の男子大学生ら8人が屋上に侵入して動画を撮影したとして、署が厳重注意した。

また6月には別の男子大学生4人が、同区の公園のスケートボード場に柵を乗り越えて侵入した疑いで書類送検されるなど、西署管内では若者が禁止された場所に無断で立ち入る事案が相次いでおり、同署は「安易に法を犯さないよう注意してほしい」と呼び掛けている。(共同)