米中西部ミシガン州当局は16日、大統領選当日の11月3日に投票所で銃器を公然と携帯することを禁止すると発表した。

米メディアが伝えた。再選を狙うトランプ大統領(共和党)が投票所の監視を呼び掛け、同調した支持者による示威行為などが懸念される中、混乱を未然に防ぐ狙い。

当日は投票所や集計場所の約30メートル以内で銃器を携帯することが禁止される。州当局は「投票所に銃器があると有権者らに恐怖を与える可能性がある」と指摘した。

ミシガン州では今月、トランプ氏が敵視するウィットマー知事(民主党)の拉致を企てた集団が摘発されるなど、選挙を巡る治安への懸念が急速に強まっている。(共同)