菅義偉首相は17日、東京・九段北の靖国神社で始まった秋季例大祭に合わせて「内閣総理大臣 菅義偉」名で「真榊(まさかき)」と呼ばれる供物を奉納した。

18日までの例大祭中の参拝は見送る方針。関係者によると、菅首相は官房長官当時は真榊を奉納していなかったが、例大祭で真榊を奉納してきた安倍晋三前首相の対応にならったという。「前例踏襲の打破」を訴える首相だが、安倍政権の前例に従った格好だ。田村憲久厚労相、井上信治万博相らも真榊を奉納した。

韓国外務省報道官は「深い遺憾の意を表する」との論評を発表。中国国営通信の新華社は、批判的なトーンを抑えて動きを報じた。