福島県北西部に、山形と新潟の県境付近に福島県が食い込むような形で延びた「へその緒」「盲腸」と呼ばれる登山道がある。狭い所は幅3尺(約90センチ)とされる全長約8キロの道は福島県に帰属。行き着く先は3県をまたいでそびえ、信仰の対象でもある飯豊山(2105メートル)と飯豊山神社。県境マニア垂ぜんの山道は、かつて福島と新潟の間で繰り広げられた“領土争い”の産物だ。

飯豊山は麓の3県の住民が古来、五穀豊穣(ほうじょう)などを願う霊験あらたかな山で「日本百名山」の一つ。少なくとも江戸時代から、13~15歳の地元の少年が一人前の大人と認められるため登る風習があった。断崖絶壁の岩場など難所があり、登山口からの距離も長く、現代でも上級者向けの山だ。

福島県民俗学会副会長の小沢弘道さんによると、県境を巡る争いは1886(明治19)年に県議会が、福島市は県内の他地域からの交通利便性が悪いため、県庁所在地を県中央部の郡山市に移転すると決めたことに端を発する。政府は、県庁から遠い県北西部にあり、会津藩の領地だった東蒲原郡を新潟県に編入することで、県庁移転の動きを抑え込んだ。

編入に伴って飯豊山の山頂と飯豊山神社が新潟県に組み込まれたことで、福島県一ノ木村(現喜多方市)が猛反発。村は会津藩が飯豊山神社を管理してきたことを示す歴史資料など証拠を積み上げ反論した。新潟県も引かなかったが、約20年後の1907年、政府は麓からの登山道と飯豊山頂付近だけは福島県と認め、地図上に「へその緒」が誕生した。

登山道には県境を示す印などはない。福島県には対立の経緯に関する記録が残っているが、なぜか新潟県側にはほぼないという。小沢さんは「『負けた歴史』は残さないということなのだろうか」と推測している。(共同)