18日午後0時15分ごろ、東京都調布市東つつじケ丘2丁目の道路が陥没していると、110番があった。現場は住宅街で、警視庁調布署によると、けが人はいない。付近では東京外郭環状道路(外環道)のトンネル工事が行われていたといい、東日本高速道路が工事を一時中断して因果関係を調べる。

調布署などによると、現場は京王線つつじケ丘駅から南東に約400メートルの住宅街にある市道。陥没によってできた穴は長さ約5メートル、幅約2・5メートル、深さ約5メートル。周辺を規制し、車の通行などを禁止している。

東日本高速道路によると、現場付近で行われていたのは、外環道のうち東名高速と関越道を結ぶ区間のシールドトンネル工事。地下40メートルより深い地点で行われているという。「因果関係は不明」としているが念のため工事を中断し、原因を究明する有識者会議を早急に開くとしている。(共同)