埼玉県春日部市の井上英治市議が、パートナーシップ制度や差別撤廃を求めた性的少数者の請願を「左翼の作戦」などと発言した問題で、市議会の佐藤一議長は30日、「不快な思いをされた方々に深くおわび申し上げます」とのコメントを発表した。

井上市議の発言撤回を求めて抗議していた当事者支援団体レインボーさいたまの会の鈴木翔子共同代表は「本人の反省や謝罪、撤回がないと不十分だ」と話した。

議会事務局によると、発言が報じられて以降、メールや電話で約20件の意見が寄せられた。批判がほとんどで、発言取り消しを求める内容もあったという。佐藤議長は「市議会として、差別のない人権を尊重する市政の実現に努める」とした上で、会議規則により、発言を取り消すのは困難との見解を示した。

井上氏は9月議会で、同市の性的少数者から請願書が提出されたことを「左翼の作戦」「狙いは憲法違反の実現だ」などと発言していた。(共同)