将棋の第42期霧島酒造杯女流王将戦3番勝負第3局は30日、東京都渋谷区の将棋会館で指され、先手の西山朋佳女流王将(25)が155手で挑戦者の室谷由紀女流三段(27)を破り、対戦成績2勝1敗で初防衛を果たした。これで女流王座、女王との3冠を維持した。

西山女流王将は6月、マイナビ女子オープン(称号は女王)で3連覇を達成。28日に開幕したリコー杯女流王座戦では、挑戦者の里見香奈女流四冠(28)に先勝、初防衛に向けて好発進した。一方、女流棋士と制度が異なるプロ棋士養成機関の奨励会に在籍。女性初の棋士を目指している。

西山女流王将は「苦しいシリーズだったので、結果が出て良かった」と話した。

室谷女流三段の初タイトルは、ならなかった。(共同)