人気漫画「魁!!男塾」の作者宮下あきらさんから預かったイタリアの高級車フェラーリを売却した代金の一部を横領したとして、業務上横領の罪に問われた横浜市都筑区の元自動車販売業で、無職の東本哲次被告(57)に横浜地裁(野村充裁判官)は16日、懲役4年(求刑懲役4年6月)の判決を言い渡した。

判決理由で野村裁判官は「経営する会社の資金繰りが逼迫(ひっぱく)する中での犯行だが、被害額も多額で悪質」と指摘。一方、前科がなく、更生の意欲を示していることなどを考慮した。

判決によると、売却のあっせん委託を受けたフェラーリの代金として、2015年4月に買い手から現金計3600万円を受領。このうち代表を務めていた中古車販売仲介会社の口座で保管していた現金2800万円の中から、計2250万円を横領した。(共同)