米国で最も権威のある文学賞の1つ、全米図書賞が18日夜(日本時間19日朝)、オンラインで発表され、翻訳文学部門で福島県南相馬市在住の芥川賞作家、柳美里さん(52)の「JR上野駅公園口」が選ばれた。2018年に同部門で受賞したドイツ在住の芥川賞作家、多和田葉子さん(60)に続く快挙だ。

柳さんはオンラインの授賞式で「とても幸せ。東日本大震災と津波、原発事故の後、苦難の途上にいる南相馬の人々とこの喜びを分かち合いたい。この賞はあなた方のためのものだ」と語った。

「JR上野駅公園口」は1964年開催の東京五輪の前年、家族を養うために福島から東京に出稼ぎに来た男性の生涯を描いた物語。全米図書賞のホームページでは「日本の近代化で多数の人が社会の片隅に追いやられ、無視されてきたことを読者は知ることになる」と紹介された。

翻訳家モーガン・ジャイルズさんが英訳し、英題は「TOKYO UENO STATION」。ジャイルズさんは授賞式で「美里さん、翻訳させていただいて誠にありがとうございます」と日本語で語った上で、英語で「福島の皆さんも、親切に手助けしてくれてありがとう」と述べた。

柳さんは横浜市出身。97年に「家族シネマ」で芥川賞を受賞。2015年、東京電力福島第1原発事故で避難区域となった南相馬市に移住し、18年4月、自宅を改装して書店を開いた。(共同)