海賊版サイトの情報をまとめる「リーチサイト」でアダルトビデオ(AV)などを視聴可能にし、インターネット利用者を誘導したとして、京都府警は19日までに、著作権法違反などの疑いで大阪府大阪狭山市茱萸木2丁目、会社員内海和幸容疑者(47)ら男2人を逮捕した。府警によると、10月1日に改正著作権法のリーチサイト規制が施行されて以降、全国初の逮捕。

府警によると、他に逮捕されたのは京都市伏見区深草泓ノ壺町、無職岩間秀樹容疑者(44)。2人は昨年9月ごろからリーチサイトを運営。内海容疑者がサイトの管理を、岩間容疑者が動画の掲載を担当していた。1000本以上の動画の情報を掲載し、広告収入でこれまでに2人で十数万円を得ていた。内海容疑者は容疑を否認し、岩間容疑者は認めている。

2人の逮捕容疑は共謀して10月9~12日、別のサイトに無断でアップロードされたAV3作品を管理するリーチサイトで視聴可能にし、インターネット利用者を誘導し制作会社の著作権を侵害。昨年11月には、AVに女性芸能人の顔が合成された「フェイクポルノ」を公開し、女性芸能人の名誉を毀損(きそん)した疑い。(共同)