山梨県の長崎幸太郎知事は19日の記者会見で、飲食業界の支援策「Go To イート」の対象を、原則4人以下で検討するよう求めた政府の要請に「4人以下の基準に意味はあるのか。政府は混乱しているのではないか」と、疑問を投げ掛けた。

長崎氏は、県内ではイートの利用を、新型コロナウイルスの感染対策が十分できていると県が認証した施設に限定しているため「基準は採用する必要がない」と述べ、政府の要請には応じない方針を表明。「飲食する部屋の大きさはさまざまで、単純に何人以下というのはどうなんだろうか」とした上で「政府はもう少し頭を整理してから、現場にリクエストしてほしい」と要求した。(共同)