立憲民主党の枝野幸男代表は20日、新型コロナウイルスの感染者数の動向に関し「神のみぞ知る」と発言したとして西村康稔経済再生担当相を批判した。「もはや責任を負えないことを自白した、許しがたい発言だと言わざるを得ない」と国会内で記者団に述べた。

食事中でも会話時にマスクを着用する「静かなマスク会食」の実践を政府が求めていることについては「残念ながら弥縫(びほう)策だ」と指摘した。

西村氏は19日の記者会見で、新型コロナの新規感染者数に関する今後の見通しを問われ「感染がどうなるかは本当に神のみぞ知る。予測は極めて難しい」と述べた。(共同)