韓国棋院は20日、今年1月にプロ入りし「天才囲碁少女」と期待を集めていた金恩持・二段(13)が、オンライン対局で人工知能(AI)を用いた囲碁ソフトを不正に使っていたとして、資格停止1年の懲戒処分とすることを決めた。

9月下旬に韓国の男性プロ棋士、李映九・九段(33)とオンラインの大会で対局した際、打ち方がAIの予測する内容と大部分で一致したことが判明し、不正使用の疑惑が浮上。韓国棋院が専門家と調査に乗り出し、本人が「AIの助けを受けていた」と認めた。

韓国棋院は処分の重さを決めるに際し、未成年であることや「間違った選択をし、反省している」と釈明していることも考慮した。

韓国棋院はAIの不正使用に関する厳格な処罰規定を新設し、再発防止に取り組む方針だ。(共同)