西村康稔経済再生担当相は20日、新型コロナウイルス感染症対策分科会が政府の支援事業「Go To キャンペーン」の運用見直しを求めるよう提言したと明かし、「早急に検討する」と述べた。21日に開かれる新型コロナ対策本部で議論する。感染防止の徹底が難しい場合、感染が拡大地域との往来自粛が求められると述べた。

東京都医師会の尾崎治夫会長は20日、緊急会見で「Go To キャンペーン」を「一度、中断を決断していただけないか」と訴えた。4週間後に1日1020人に達するとの試算も示し「このままでは医療崩壊につながり、助かる命を助けられなくなる」と述べた。(共同)