米大統領選で勝利を確実にした民主党のバイデン前副大統領は20日、誕生日を迎えて78歳になった。来年1月20日に大統領に就任すれば、1期目就任時の米大統領として最高齢となる。これまでの就任時最高齢は、共和党のトランプ大統領の70歳。バイデン氏は9月、健康面の情報開示を国民に約束している。

バイデン氏は次期政権発足に向けた準備を着々と進めている。20日は副大統領就任が確実なハリス上院議員と共に民主党上院トップのシューマー院内総務、ペロシ下院議長と東部デラウェア州ウィルミントンで会合を開き、新型コロナウイルス追加経済対策の実現に向けて協力を確認した。

追加経済対策を巡っては、民主党が2兆2000億ドル(約228兆円)の支援策を要求。財政規律を重視する共和党は絞り込みを求め、協議が難航している。バイデン氏の政権移行チームの幹部サキ氏は20日のオンライン会合で「これ以上遅れが許される余地はない」と早期合意を訴えた。

一方トランプ氏は20日、ホワイトハウスで記者団に、自身が選挙に勝ったと改めて主張した。(共同)