東京都渋谷区幡ケ谷で、路上生活をしていたとみられる大林三佐子さん(64)が頭を殴られ死亡した事件で、警視庁捜査1課は21日、傷害致死の疑いで同区笹塚、職業不詳吉田和人容疑者(46)を逮捕した。容疑を認め「痛い思いをさせれば、いなくなると思った。まさか死んでしまうとは思わなかった」と供述している。

捜査1課によると、吉田容疑者は21日午前3時ごろ、同区笹塚の交番に母親と共に出頭した。

逮捕容疑は16日午前4時ごろ、大林さんの頭部を殴り死亡させた疑い。司法解剖の結果、死因は外傷性くも膜下出血だった。

現場近くの防犯カメラには吉田容疑者が何かが入った袋のようなもので殴りつける様子が写っていた。吉田容疑者は当時の状況について「ペットボトルなどを入れた袋を持って散歩に出掛けた」とも供述しており、同課は自宅を家宅捜索して経緯を詳しく調べている。

大林さんは16日午前5時ごろ、甲州街道沿いのバス停のベンチ近くで、あおむけに倒れているのが見つかった。日常的にベンチ近くで夜通し過ごす姿を近隣住民が目撃していた。

吉田容疑者を知る近くの女性は「家業の酒屋の仕事を一生懸命手伝っていた。お母さんが体調を崩したときには寄り添って歩いていて優しい人だなと思っていたので、信じられない」と驚いた様子で話した。(共同)