全国的に新型コロナウイルスの感染が再拡大する中で3連休初日を迎えた21日の全国の主要駅や繁華街の人出は、計95地点の約半数に当たる44地点で前週14日から増えたことが、NTTドコモが分析したデータで分かった。

感染拡大を受けて外出に慎重になった動きの一方で、政府が観光支援事業「Go To トラベル」の運用見直しを決定する前だったこともあり、大半の地点が小幅の増減となり連休前と比べて人出の傾向に大きな変化は見られなかった。

羽田空港第2ターミナルは、感染拡大前(1月18日~2月14日)の休日平均と比べた減少率が前週14日から24・5ポイント縮小。95地点の中では前週から最も上向いた。福岡空港も14日の18・3%減から3・7%減になった。一方で札幌駅は減少率が13・3ポイント拡大し、名古屋駅や大阪・梅田も前週を下回る人出だった。

ドコモはスマートフォンの位置情報を活用し、午後3時時点の人出を分析。感染拡大前の平均と比べた増減率を毎日公表している。(共同)