任期満了に伴う岐阜県知事選(来年1月24日投開票)で、元内閣府官房審議官江崎禎英氏(55)が21日、立候補する意向を表明した。岐阜市内で記者団の質問に答えた。自民党県連の県議団が出馬を要請していた。県連の国会議員の大半は古田肇知事(73)の5選を支持しており、岐阜県知事選で1966年以来の保守分裂は避けられない情勢だ。

県議団は22日に会合を開き、江崎氏を支援する方針を確認する。これを受け江崎氏が記者会見して立候補を正式表明する予定。

江崎氏は記者団に「培ってきた知見やネットワークを故郷の岐阜のために生かしたい」と意欲を語った。自民党が分裂する展開については「無風の選挙よりも県民に関心を持ってもらえる。前向きに捉えている」と述べた。

21日は岐阜市で県職員組合などが主催する講演会に登壇。国の新型コロナウイルス対応を担当した経験から、対策や健康長寿社会の理想を語った。県議や県職員、医療従事者が参加した。

県選出の衆参国会議員は、4期16年の古田氏の実績を評価する意見が多い一方、県議側には古田氏の県職員や自民党県議に対する連携不足を批判する意見があり、多選を疑問視する。

江崎氏は岐阜県山県市出身、東大卒。89年に通商産業省(現経済産業省)に入省、2008~12年に岐阜県に出向し、商工労働部長などを務めた。内閣府で科学技術・イノベーション担当の官房審議官を担い、今月20日付で立候補に向けて退職した。(共同)