立憲民主党の枝野幸男代表は22日、新型コロナウイルス対策の観光支援事業「Go To トラベル」の運用見直しを巡る政府対応を「泥縄的だ」と批判した。兵庫県明石市で記者会見し「GoToを始める段階で感染拡大時の対応を決めておくべきだった」と準備不足を指摘した。与党は政府判断に理解を示した。

枝野氏は、感染抑制と経済再生を両立させる菅義偉首相の方針に「感染拡大を防いで初めて経済を回せる。明確にかじを切るよう求めたい」と注文を付けた。

GoTo見直しで発生する旅行キャンセル料への対応を決めていないのは「残念だ」と政府を非難。福山哲郎幹事長もフジテレビ番組で「政府が何割か補てんすると話せば、飲食店やホテルも息がつけるし雇用を確保できる」と支援を要求した。

一方、自民党の野田聖子幹事長代行は同じ番組で「経済を完全に止めるのは許されない。ブレーキをかけ、またアクセルを踏む、と繰り返さないといけない」と訴えた。

公明党の山口那津男代表は広島市で記者団に「国の見直しは妥当で、感染がこれ以上拡大しない流れをつくるのが大切だ」と強調。来春の大型連休まで事業延長を求めた主張に関しては「観光地の実情、感染防止策の効果、医療体制をよく見極め、バランスを取って判断すべきだ」と要望した。(共同)