電力の需給逼迫(ひっぱく)を受け、電源開発(Jパワー)が停止中の石炭火力の松島火力発電所(長崎県西海市)を重油を使って14日に緊急稼働させることが、12日分かった。石炭火力発電所で、主力燃料に重油を使うのは異例という。

Jパワーによると、松島火力2号機は石炭を砕く装置の故障により、7日夜から停止している。発電設備そのものは使えるため、重油を燃料に、最大出力50万キロワットを半分程度に落として運転する計画で、装置の復旧まで継続する予定。石炭火力発電では通常、再稼働時などの短期間に限り燃焼を補助するため重油を使っている。

寒波の影響で全国的に電力需給の厳しい状況が続いている。暖房需要の増加に対し、火力発電に使う液化天然ガス(LNG)の在庫が減り、出力を落としていることなどが要因となっている。(共同)