東京地検は12日、新型コロナウイルスに感染後、自宅待機中に無断で福岡市に移動した20代男性の検察事務官について、厳重注意処分にしたと発表した。事務官は同日付で辞職した。

地検によると、事務官は昨年12月17日に発熱があり、陽性と判明。27日まで自宅待機を求められたが23日に高速バスに乗車し、24日に福岡市に着いた。地検は「新たな感染を広げた事実は確認していない」としている。

地検の山元裕史次席検事は「極めて不適切な行為。深くおわび申し上げる」と陳謝した。

また、地検は12日、別の20代の職員が感染したと明らかにした。鼻づまりなどの症状が出て8日に検査を受けた。捜査や公判に支障はないとしている。(共同)