タイの名物として知られる三輪車「トゥクトゥク」で許可を受けずにタクシー営業(白タク行為)をしたとして、神奈川県警は13日、道路運送法違反の疑いで、横浜市保土ケ谷区の運営会社「ネオスタイルラボ」の男性社長(49)と、法人としての同社を書類送検した。県警によると、トゥクトゥクによる白タク行為の摘発は全国初。

県警によると、社長はトゥクトゥクを自ら運転。写真撮影のサービス付きで、横浜赤レンガ倉庫や横浜港大さん橋などの観光スポットを周遊していた。売り上げは2018年9月から昨年11月末までで、約400万円だった。

書類送検容疑は、昨年8月7日から10月14日までの間、横浜市内で許可を得ずに9組の観光客らを乗せ、有料で運送した疑い。昨年7月、別の事件を捜査中の警察官が、横浜市内で客を乗せて走るトゥクトゥクを見掛け、調べていた。(共同)