米グーグル傘下の動画投稿サイト、ユーチューブは12日、トランプ米大統領のチャンネルについて、新たな投稿を少なくとも7日間凍結すると明らかにした。投稿された動画が暴力を扇動し、同社の規約に違反したとしている。ユーチューブはこの動画を削除した。

トランプ氏のチャンネル登録者は約280万人。ユーチューブの広報担当者は、凍結の理由について「今後も暴力行為が起きる恐れがあるためだ」と説明。チャンネル上の動画へのコメントは無期限で無効にするという。

トランプ氏の支持者らによる議会襲撃を受け、米短文投稿サイトのツイッターは、トランプ氏のアカウントを永久に凍結。米フェイスブックも無期限で凍結している。また、米アマゾン・コムは、トランプ氏の支持者らの利用が多いSNSの、パーラーの管理サービスを打ち切った。利用者はパーラーのサイトに接続できなくなった。IT各社の厳格な措置について、評価する声がある一方で、巨大ITのネット上の言論に対する支配力の大きさを懸念する見方もある。(共同)