加藤勝信官房長官は14日の記者会見で、新型コロナウイルス緊急事態宣言の対象地域で外出自粛を求める時間帯を巡り、説明の仕方に苦慮する胸の内を吐露した。「広範に言うと内容がぼける。午後8時以降を中心に言うと、それ以外はしなくていいと受け止められる。どう発信するか常に心掛けたい」と述べた。

菅義偉首相も7日の会見で、午後8時以降の自粛に力点を置いた。ただ政府の基本的対処方針は日中を含めた自粛を求めており、13日には「日中も控えてほしい」と呼び掛け。一部で方針変更のように受け止められた。(共同)