立憲民主党などの参院会派は14日の議員総会で、新型コロナウイルス感染により昨年12月急死した羽田雄一郎元国土交通相の後任の参院幹事長に森裕子元文部科学副大臣を充てる人事案を了承した。森氏は羽田氏と同じ旧国民民主党出身。森氏は「羽田さんの遺志に応えるためにも、力を合わせて頑張っていきたい」と決意を述べた。

水岡俊一参院議員会長は「羽田議員は、参院の存在意義として行政監視機能を果たすべきだと言っていた。彼の遺志を継ぎたい」と強調した。

【参院幹事長】

森 裕子氏(もり・ゆうこ)新潟大卒。文部科学副大臣。64歳。新潟選挙区。当選3回(共同)