2016年1月15日の長野県軽井沢町のスキーバス転落事故で亡くなった西原季輝さん=当時(21)、法政大3年=の母親が発生から5年を前にした14日、「毎日泣いてばかりいられない現実を、何とか奮い立たせて生きている」などと心境をつづった手記を公表した。

中学校の教師になる夢を抱き、必死に努力していた西原さん。一緒に応援してきた母親は、教師として奮闘する息子の姿を想像しながら「彼にあるはずだった未来が終わってしまったこと、笑顔もぬくもりもなくなってしまったことを痛感し、余計に切ない」と吐露した。

バス会社社長の書類送検から約3年半がたつが、刑事処分は出ておらず、長野地検には社長らの刑事責任を追及するよう強く要請。「息子の人生が21歳で終わり、プロのバス運転手によって命を奪われるなんて、予想もしていなかった。もう何をしても戻らない生命に対して、どう償ってもらえばいいのか」と悲痛な胸の内を記した。(共同)