大阪府警は12日までに、密売目的で覚醒剤25・5グラムを所持したとして、覚醒剤取締法違反(営利目的所持)容疑で、同府東大阪市の無職生田興輝容疑者(55=同罪などで起訴)を現行犯逮捕した。昨年11月2日付。府警によると、生田容疑者は大阪の半グレ集団「カンソンファミリー」幹部。

府警はこれまでに生田容疑者ら密売集団のメンバーと客の男女の計11人を摘発。生田容疑者の所持分を含め、覚醒剤計約60グラム(末端価格387万円相当)を押収した。

昨年2月、大阪市で自称パートの女(47)を職務質問したところ、覚醒剤約9グラムを発見。同法違反(所持)容疑で現行犯逮捕し、携帯電話8台を押収して会員制交流サイト(SNS)を調べたところ、生田容疑者らの関与が浮上した。

生田容疑者の逮捕容疑は昨年11月2日、自宅で、営利目的で覚醒剤25・5グラムを所持した疑い。(共同)