東京都は20日、新型コロナウイルスの感染者が新たに327人報告されたと明らかにした。直近7日間を平均した1日当たりの数は355・7人。男女27人の死亡も報告され、死者累計は1248人となった。

死亡の27人は50代から90代で、1月11日から今月19日の間に亡くなった。50代の女性は自宅療養中に容体が急変し、搬送先で死亡。無症状で、保健所などが実施する健康観察に対し異変の報告はなかった。

入院中の患者は前日より34人減の2063人、うち重症者は2人減の82人となった。

新規感染者327人のうち経路不明は154人で、重症化リスクの高い65歳以上は69人。累計は10万9462人となった。

都内の感染者数は減少傾向が続き、直近7日間を平均した1日当たりの感染者数は政府が緊急事態宣言解除の目安としている500人を既に下回っている。一方、重症化リスクの高い高齢者層の占める割合が増加。1日当たりの死亡者数の発表は2桁の日も目立つ。(共同)