イスラエル保健省は20日、米製薬大手ファイザーの新型コロナウイルスワクチンについて、2回の接種による発症予防効果が95・8%に上ったと発表した。ファイザーの臨床試験(治験)とほぼ同様の数字で、改めてワクチンの有効性が示された。

イスラエルはファイザーのワクチン接種を進めており、昨年12月の接種開始から今月13日までのデータを分析した。保健省によると、2回目のワクチン接種から2週間経過後の発症予防効果は95・8%で、発熱や呼吸困難を防ぐ効果は98・0%。感染による死亡を防ぐ効果は98・9%だった。

保健省は調査対象者数を明らかにしていないが、イスラエルでは1月末までに主に60歳以上の約170万人が2回の接種を完了した。

同省は「ワクチンのおかげで発症や死亡が劇的に減っている。目標は16歳以上の全国民への接種だ」と強調した。(共同)