東京都は21日、新型コロナウイルスの感染者が新たに272人報告されたと明らかにした。直近7日間で平均した1日当たりの人数は341・6人。累計は10万9734人になった。入院患者は前日から28人減の2035人、うち重症者は同数の82人。60~90代の男女17人の死亡も報告され、死者の累計は1265人になった。

都内の感染者数は減少しているが、減り方が鈍化傾向にある。担当者は「油断するとすぐにリバウンドする。気候が暖かくなると外に出たくなると思うが、まだ緊急事態宣言中だと認識し不要不急の外出を控えてほしい」と呼び掛けた。

入院患者のほか、自宅療養が933人、宿泊療養が464人、入院や療養先の調整中が720人に上った。新規感染者のうち65歳以上の高齢者は56人。経路不明は142人だった。

都内では重症化リスクの高い高齢者層の占める割合が増加し、1日当たりの死亡者数の発表は2桁の日も目立つ。(共同)