河野太郎行政改革担当相は21日夜のフジテレビ番組で、新型コロナウイルスのワクチン接種当日に急きょ余りが出た場合を想定し、キャンセル待ちの仕組みを検討する考えを示した。「ワクチンを無駄にしないことを考えれば当然必要だ」と述べた。接種の主体となる自治体に具体策を詰めるよう要請する考えだ。

接種済みの証明書を発行し、海外渡航時の条件とする動きには否定的な認識を示した。「アレルギーで打てない人もいる。打たなければ、何かができなくなるという制度設計に、国際的になるとは思わない」と強調。「日本国内でワクチンを接種した証明書を使うケースも想定できない」とも語った。(共同)