米西部コロラド州デンバーの空港を離陸した直後のユナイテッド航空の旅客機ボーイング777-200型で起きたエンジントラブルを受け、ユナイテッド航空は21日、同じタイプのエンジンを搭載する24機の運航を一時停止することを決めた。米メディアが伝えた。

トラブルがあったエンジンは米プラット・アンド・ホイットニー製。米連邦航空局(FAA)は同日の声明で、このタイプのエンジンに固有のファンブレードと呼ばれる部品の検査を命じる方針を示した。対象となるエンジンを搭載した機体を保有するのは、米航空会社ではユナイテッドのみという。

プラット・アンド・ホイットニーは米航空機部品・防衛大手レイセオン・テクノロジーズ傘下のエンジンメーカー。(共同)