天皇陛下は23日、61歳の誕生日を迎えられた。これに先立ち住まいの赤坂御所で記者会見し、新型コロナウイルス禍の克服を願い「忍耐強く乗り越える先に、明るい将来が開けることを心待ちにしております」と述べた。発生から10年を迎える東日本大震災は「今思い出しても胸が痛みます。被災地に永く心を寄せていきたい」と語った。

秋篠宮家の長女眞子さまの結婚には「秋篠宮が言ったように、多くの人が納得し喜んでくれる状況になることを願っております」と述べた。

長女愛子さまは12月で20歳。成年皇族の一員となることに「感謝と思いやりの気持ちを持って、一つ一つの務めを大切に果たしていってもらいたい」と期待を込めた。

陛下はこの1年を「コロナ禍に翻弄(ほんろう)されてきました」と振り返った。犠牲者を悼み、医療従事者や保健所職員らへの感謝を述べる一方、女性や若者の自殺、家庭内暴力や児童虐待の増加を懸念。家族や友人と会えない生活が続き、「ストレスを感じる方も多いと思います。お一人お一人が、人知れず続けている努力を多といたします」と、国民をねぎらった。

皇室と国民との交流が困難になり、陛下も昨年秋からオンラインの活用を開始。「新たな可能性を見いだせたことは、大きな発見。引き続き、状況に応じた形で活用していきたい」と手応えを語った。

東日本大震災では家族を亡くした人や避難生活が続く人を挙げ「震災からの傷がまだ癒えていないというような気がいたします」と被災者を案じた。13日に福島、宮城両県で震度6強を観測した地震のお見舞いも述べ、東日本大震災を「現在も続いていることとして考える必要がある」と指摘した。被災地訪問への意欲も示した。

昨年7月の熊本県などの豪雨災害も「痛ましい記憶として刻み込まれています」。戦後75年の節目を昨年迎え「世界で唯一の被爆地となった広島、長崎には永く心を寄せていきたい」とした。

会見はコロナ対策として、陛下の前にアクリル板を設置。記者との間隔を取って実施された。(共同)