天皇陛下が61歳の誕生日を迎えられた23日、秋篠宮ご夫妻や菅義偉首相らが皇居・宮殿「松の間」で、陛下に祝意を伝える行事が行われた。新型コロナウイルス禍で、行事は例年より規模を大幅に縮小。皇居での一般参賀は昨年に続き、とりやめられた。

午前に皇族を代表して、秋篠宮ご夫妻が陛下にあいさつ。続いて、菅首相ら三権の長と外交団長が祝意を伝えた。

例年は皇族や三権の長、国会議員らによる祝宴と、各国の駐日大使らを招いた茶会も行われていた。宮内庁はコロナ禍で多くの人が困難に直面する中、祝賀行事は最小限にするという方針で、今年は見送った。(共同)