今夏の東京五輪・パラリンピックに向け、成田空港を運営する成田国際空港会社(NAA)が、1日当たり4万人の入国旅客に対応できる施設の運用計画を検討していることが23日、関係者への取材で分かった。新型コロナウイルスの感染拡大で閉鎖されている施設の運用を4月以降順次再開し、検査場や待機スペースを拡充、入国者の増加に対応する。

関係者によると、1日当たり4万人の入国者は、空港利用者が大幅に減っている1月時点の10倍を超える規模で、新型コロナの感染が広がる前の水準に近い。各ターミナルでは空港到着から検査結果の通知までを3時間以内にできるように各施設を運用する方針。

具体的には、第1ターミナルでは、5カ所ある「サテライト」と呼ばれるエリアにそれぞれ抗原検査の拠点を設置。一部では出発エリアを検査結果待ちとして利用する。到着や出発便の増加に合わせ、現在閉鎖中の第2ターミナルのサテライトや、第3ターミナルの国際線到着時の税関、出入国管理、検疫の施設などは再開する。

乗客が到着機内で待つことがないよう、空港内の通路なども活用して待機場所を増やすという。

また、空港での検査が大幅に増えることを見据え、厚生労働省は、従来よりも一度に多くの検体を調べられる機器を近く導入する予定。(共同)