東京ディズニーシー(千葉県浦安市)のバックヤードに侵入したとして、千葉県警が建造物侵入の疑いで、成人の男と10代の少年を逮捕していたことが25日、捜査関係者への取材で分かった。

2人はディズニーのファンで「珍しいところを見たかった」などと供述しているという。偽造した社員証を用意していたとみられ、県警が経緯を調べている。

捜査関係者によると、逮捕は21日。逮捕容疑は同日の営業時間中、東京ディズニーシーのスタッフしか入れないエリアに侵入した疑い。2人はインターネットで知り合ったという。スタッフが不正侵入した2人に気付き、県警に通報した。

オリエンタルランドによると、バックヤードを不審に歩き回る2人をスタッフが発見した。同社は「侵入対策やスタッフの本人確認は厳しく実施している。今後も適切な警備を続け、再発防止に努めたい」としている。(共同)