新型コロナウイルス対策で国境封鎖が続く北朝鮮から、ロシア大使館の外交官や家族ら8人がトロッコに乗って自力で越境し、帰国した。

ロシア外務省が25日、通信アプリ「テレグラム」で発表した。北朝鮮は昨年1月からロシアや中国との国境を原則封鎖している。

外務省が公表した映像には、荷物や人を乗せたトロッコが線路を走り、歓声を上げる外交官らの様子が写っている。

発表によると、8人は32時間列車に乗り、さらにバスに2時間乗って国境近くに到着。あらかじめ用意したトロッコを線路に設置し、国境沿いを流れる川に架かる橋を渡ってロシア側に入った。

8人の中には3等書記官の男性やその娘(3)もいた。国境のハサン駅で外務省職員に迎えられたという。

欧州などの各国は昨年、平壌の大使館を相次ぎ一時的に閉鎖し、ロシア大使館も人員を減らした。ロシアメディアによると、外交官らは公共交通機関を利用できないなど厳しい外出規制がかかり、食料の不足や価格高騰も指摘されていた。(共同)