米軍は25日、シリア東部にある親イラン組織の施設を空爆した。国防総省が発表した。15日にイラク北部アルビルであった米軍が駐留する基地近くへの攻撃に対する報復で、空爆は限定的とみられる。CNNテレビは、1月下旬のバイデン政権発足後に明らかになった初の米軍事行動としている。

アルビルへの攻撃では米軍人1人を含む複数が負傷し、米軍に出入りする民間業者1人が死亡した。国防総省によると、親イランのイスラム教シーア派民兵組織「神の党旅団(カタイブ・ヒズボラ)」などが使う複数の施設を破壊した。

国防総省は声明で、空爆の規模は、米側が受けた被害に相応するものだったと説明。バイデン政権は、イラン核合意への復帰を掲げイランに合意順守を呼び掛けており、事態が緊迫するのを避けるため、規模を抑えた可能性がある。(共同)