群馬県は26日の新型コロナウイルス対策本部会議で、伊勢崎市と大泉町にある接待を伴う飲食店などを対象としてきた営業時間短縮要請を、3月1日に終了すると決めた。これで昨年12月から県内の市町村単位でしていた要請はすべて解消。営業時間を午後8時まで、酒類提供は午後7時までとしていた。

山本一太知事は会議後の記者会見で「新規感染者数が減り、クラスター(感染者集団)発生の兆候がないことから解除を決めた」とした上で「卒業式など年度末の恒例行事では十分注意してほしい」と呼び掛けた。(共同)