宮城県出身の人気お笑いコンビ「サンドウィッチマン」の伊達みきおと富澤たけしが26日、県庁を訪れ、東日本大震災で親を亡くした子どもたちへの支援として約1400万円を寄付した。

富澤は報道陣の取材に「気が付いたら震災から10年。今後もできることをやっていきたい」と意気込んだ。寄付金はサンドウィッチマンが震災直後に開設した「東北魂義援金」から、「東日本大震災みやぎこども育英募金」に送られる。伊達は「今後は被災地の公園に遊具などを作る支援も考えたい」と提案した。