リクルートホールディングスが、登記上の本社を置く東京・銀座の「リクルートGINZA8ビル」を不動産大手のヒューリックに売却したことが27日、分かった。

売却後もリース契約で入居を続ける。保有資産の効率的な運用や見直しの一環という。

売却は5日付で、金額は公表していない。ビルは地上11階、地下3階建てで、1981年に完成。ガラス張りの外観で知られ、リクルートが2008年に本社機能を東京・丸の内に移した後も登記上の本社所在地としてきた。現在はグループ会社が入っている。

広報担当者は「オフィス面積は削減しておらず、売却は新型コロナウイルス感染拡大の影響によるものではない」と説明している。リクルートは今月15日に21年3月期の連結業績予想を上方修正し、純利益の見通しを1235億円に引き上げており、今回の売却益も織り込んでいる。(共同)