JR西日本は27日、大津市木戸のJR湖西線志賀駅で、男性駅員が乳児を乗せたままベビーカーを持って階段を下っていたところ、乳児がベビーカーから転落して頭部を骨折するなどしたと発表した。

乳児は一時入院したが、既に退院しているという。社内規定では階段を使ってベビーカーを運ぶ際は子どもを降ろす決まりだった。

JR西によると、25日午前9時半ごろ、志賀駅で下車した女性客のベビーカーを駅員が持って階段を下りた。当時、乳児はベルトを装着していなかった。駅にエレベーターは設置されていない。

転落直後、乳児に外傷は確認されなかったが、25日夜に家族が乳児の頭部が腫れているのを発見。26日に病院を受診したところ、頭の骨が折れていたほか、脳内出血も見つかった。

JR西は「ベビーカーに関する取り扱いを徹底したい。女性客側には今後、適切に対応していく」としている。乳児の性別や年齢は明らかにしていない。(共同)