東京都国立市の都営アパートで昨年11月、9階ベランダから妻(41)を突き落とし殺害したとして、警視庁捜査1課は28日、殺人容疑で同市の会社員高張潤容疑者(44)を逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。同課は妻の首を絞めて気絶させた後、自殺を装い転落死させたとみて調べている。

捜査関係者によると、司法解剖の結果、妻の死因は高所からの転落による多発性外傷だったと判明。一方で首を絞められたことを示す所見もあり、捜査を進めた結果、高張容疑者の関与が浮上した。逮捕後の調べに対し容疑を否認しているという。

逮捕容疑は昨年11月29日夕から30日朝、当時住んでいた国立市の都営アパート9階の部屋で、妻麻夏さんの首を圧迫した後、ベランダから突き落とし殺害した疑い。

30日午前6時ごろ、自ら110番し、警視庁に対し「妻は自分で飛び降りたようだ。前夜にけんかしたが、転落には気付かなかった」と説明。以前にも複数回、「妻が育児ノイローゼで困っている」などと110番していた。

麻夏さんの母親は28日、都内で取材に応じ「うれしそうに子育てを頑張っていた。自ら飛び降りるわけがないと思っていた」と話した。事件直前に麻夏さんから「怖いよ」とメールが届いたといい「実家に帰ってくるように伝えればよかった」と後悔をにじませた。

現場はJR矢川駅の南約1キロの住宅街。(共同)