みずほ銀行で28日、システム障害により、全国的に現金自動預払機(ATM)で出金などができなくなった。一時は5000台を超える自行ATMのうち過半の約3000台が停止。利用者の操作中に止まってキャッシュカードや通帳が戻らず、顧客が足止めを強いられる混乱が多発した。インターネットバンキングも一部の取引で障害が発生した。

28日朝までに行った定期預金取引のデータ更新作業で不具合が生じたと分かり、この問題は解消。ATMを順次再稼働し始めたが、日曜の稼働終了時刻の午後9時までに完了しなかった。月曜朝の通常の再開時刻である3月1日午前7時までの完全復旧を目指し、作業を急いだ。

同行は「ご不便をお掛けし、おわび申し上げます」と謝罪。イオン銀行やセブン銀行、ローソン銀行など主要提携先のATMを通じた取引に異常はなく、急ぐ場合は、これらを使うよう呼び掛けた。他行利用に伴う手数料は返金するという。

障害の連絡は28日午前からあった。ATM5395台のうち、午後7時40分時点では2956台が停止していた。

会員制交流サイト(SNS)の投稿や利用者によると、引き出しなどのATM操作中に「お取り扱いできなくなりました」との画面が表示され、カードなどを取り出せなくなった。こうした現象が大規模に起こるのは異例。備え付けの電話も、つながりにくくなった。データを更新した定期預金口座を持つ人に影響した可能性があるという。

みずほ銀は、ATMに取り込まれたカードや通帳が復旧で自動的に出てくることはなく、後日顧客に連絡し、返却すると説明している。

みずほフィナンシャルグループでは過去に大規模なシステム障害があり、2002年4月、傘下銀行を当時のみずほ銀行、みずほコーポレート銀行に再編した際にATMでトラブルが起きたほか、口座引き落としなど約250万件の処理が遅延。11年3月にもATMや窓口取引が一時止まり、100万件超の振り込みが遅れた。その後に基幹システムの刷新を決め、延期を重ねつつ19年夏に移行を終えた経緯がある。(共同)