新型コロナウイルスの緊急事態宣言が解除された愛知県の大村秀章知事は1日の記者会見で、卒業、入学シーズンが近づいていることを踏まえ「引き続き不要不急の行動自粛を求めたい。春休みの旅行や花見の宴会も控えて」と述べ、今後も感染防止対策を徹底するように県民に呼び掛けた。

県は14日まで独自の「厳重警戒宣言」を出し、飲食店への時短営業を午後8時から午後9時までに緩和した上で継続する。岐阜、三重両県を除く県外への不要不急の移動も自粛するよう求めた。

大村氏は会見で、政府の分科会から感染状況をステージ2(漸増)まで下げるよう求められているとし「現在はステージ3(感染急増)の入院者数を、独自宣言の期間中に達成を目指す」と述べた。2月28日時点の入院者は338人。新規陽性者と陽性率はステージ1(散発的発生)まで改善している。(共同)