加藤勝信官房長官は1日の記者会見で、米国で新たに実用化された米医薬品大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の新型コロナウイルスワクチンについて、日本国内で同社の関連企業が治験を実施していると明らかにした。

「薬事申請が行われた場合には、有効性や安全性を確認の上、承認される手続きを踏むことになる」と説明した。同社のワクチンは、1回打つだけで済む初のワクチン。米食品医薬品局(FDA)が先月27日に緊急使用を許可した。(共同)